ヘタウマFX

トレード日記をつけたら勝ち組になれる ver.α

FXのリスクリワードは計算せずMT4チャートに表示が簡単

   


リスクリワードの計算、ちゃんとしていますか?めんどうだからとやってないor適当にしていませんか?利益を確保できる可能性が高いときにトレードをしなければ、ジリ貧になっていつかは資金が底をついちゃうかもしれませんよ。

とは言っても実際のチャートで、1:3とか1:5とかの位置がどこなのか見てすぐにわかりますか?自分にはわかりません。

でもMT4なら簡単に見える化できます。マウスでポチポチするだけで仕掛ける価値がある場面か教えてくれます。簡単なので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

FXのリスクリワードを計算しているうちにチャートが動いちゃうんだけど?

リスクリワードの説明を読んでも専門用語で「わかったような、わからんような」という人のために一言でいうと「リスク(損失)をこの程度(pips)とるなら、リワード(利益)はこの程度(pips)見込めないとなー」がわかるものです。その損失と利益の比率のことをリスクリワードレシオ(損益率)といいますね。

損切り幅と利益確保の比率を1:3とか1:5にするのが一般的というか、よく目にする数字だと思います。勝率を加味した1:2もありますね。

で、ここではその次の話です。

トレードに活かすためには、比率ではなく現在の価格にあてはめなくてはいけません。たとえばリスクリワードレシオが1:5なら「今の価格で仕掛けるとき、損切り幅を30pipsとるなら150pips取れる可能性が見えなければ割が良くない」みたいな感じですね。

これを一瞬で見極められます?

それぞれの価格はエクセルとかで数式を使って計算するのが簡単だし早いでしょう。でもそれをチャートに照らし合わせているうちに価格は変動していきます。

いまのローソク足がサポートラインの移動平均線に支えられてる!チャンスかも!?

  • じゃあトレードするべきかどうかを見定めよう!
  • エクセル開いて…
  • いまのレート入力して…
  • 損切り幅は?この足の最安値の5pips下にしようか

なんてやっているうちにスコーンとチャートが突き抜けてしまった…
「あ~あチャンスを逃しちゃった」もうダメじゃん。
その後みるみる伸びて大きなトレンドを形成しましたとさ。

あるあるです。

MT4のチャートにリスクリワードレシオの位置を表示する

そうならないためにMT4が使えます。エントリーの場所と損切りの場所をマウスでポチポチしたら、リスクリワードレシオに従って利確の位置を示してくれます。

利用するのはフィボナッチリトレースメントです。フィボナッチリトレースメントのプロパティでレベルの設定を次のようにします。

(クリックで拡大)

「%$」というのは価格を表示させるためのおまじないです。ぜひやっておきましょう。

自分の場合は、1:1.5と1:3と1:5の3種類を設定しています。

  • レベル設定「2.5」、説明「利確レシオ1.5 (%$)」
  • レベル設定「4」、説明「利確レシオ3.0 (%$)」
  • レベル設定「6」、説明「利確レシオ5.0 (%$)」

さてこの設定をして、エントリーの位置でマウスを左クリック、ロスカットの位置までドラッグして離します。するとエントリーからロスカットまでの値幅を1として、リスクリワードレシオ1:3の位置にラインが引かれます。

このラインまでに強力な抵抗線があったり、そもそもトレンドとは逆方向だったりしたときにはトレードを見直すなどの判断が容易にできます。

(クリックで拡大)

白色波線:26SMA
水色波線:48SMA
白色太線:89SMA
桃色波線:180SMA

この下げでショートで仕掛けるなら邪魔をするものがなさそうなので、1:5までの利益を期待できそうですね。逆にロングで仕掛けようと考えた場合、すべての移動平均線が抵抗線として立ちはだかるでしょう。

そもそも自分の中で重要視している89SMAのが邪魔をしているのでリスクが高いと一目でわかります。リスクリワードレシオにあてはめるまでもありませんね。

さいごに

フィボナッチリトレースメントを使えばリスクリワードを見える化できることを紹介しました。

これによって値幅の取りにくい無茶なトレードを避けることができます。また、意識せずに損小利大のトレードにもなります。勝率より利益の残るトレードをしたい人にもおすすめです。

有利なトレードタイミングの見極めに自信がない人は一度使ってみると良いでしょう。

スポンサーリンク

 - トレード手法

Comment

  1. ビリオット より:

    こんにちは、
    リスクリワードレシオのフィボナッチでの表示、大変参考になりました!
    私は兼業でMQLのプログラマもしていて
    この記事を参考に簡単にリスクリワードを描画するツールを作ってみたので
    お礼に差し上げようと思いメッセージを送ります。
    よろしければメールいただければ幸いです!
    それでは失礼いたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

移動平均線のクロスでだましを回避してエントリーポイントを見つけるには?

移動平均線でのエントリーポイントは「遅い」「だましがある」などの理由からあてにな …

移動平均線で根拠がしっかりした期間設定と組み合わせとは?

移動平均線はローソク足に次いでよく使われるテクニカル指標です。シンプルゆえに期間 …

マルチタイムフレームの考え方難しい?エントリータイミングを厳選できるのに

FXで相場全体の流れを把握するために、マルチタイムフレーム(MTF)を利用してい …

レンジの判断を可能にするインジケータの使い方と設定値

FXに限らず、相場にはトレンド相場とレンジ相場しかないと言われています。でも残念 …

移動平均線のエントリーポイントを5分足と1時間足でタイミングを比べたら…

移動平均線でエントリーポイントを見極めるときに、1時間足のチャートより5分足のチ …

ダウ理論の波形の書き方はラインチャートがわかりやすい

ダウ理論はトレードの基本とは言うけれど、その波形の書き方は個人個人で違います。だ …

FXでいま勝てている手法とMT4インジケーターのおすすめとは?

これまでかなり負けていました。でもいまは少ないながらも毎月プラスで終われるように …

上げトレンドと下げトレンドを超簡単に見分けるMT4の使い方

今この瞬間は上げトレンドの途中なのか、それとも下げトレンドの途中なのか、判断に迷 …